「なぜ日本人は賃貸自由主義より35年ローン地獄を選ぶのか」に思うこと


こんにちは。

住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

大好物のアルフォート。

コンビニで、アルフォートプレミアムという濃苺味を見つけました↓

 

美味しすぎました。これは、止まらなくなる。。

最近のおやつはもっぱらアルフォートです。

甘いものはやめられませんね。。

さて、注目記事↓

「なぜ日本人は賃貸自由主義より35年ローン地獄を選ぶのか」

確かに日本人は、「家を買って1人前」という常識がありますね。

でも、家を買うと言っても35年住宅ローン。結局借金だから買っても借金付だよね。

借金を完済してから初めて持家と言おうと思ってしまいます。

特にオーバーローン状態であれば、なおさらです。

「家を買ったんだ~」

と言うとすごーい!と言われますが、住宅ローンで買っているなら、

その「すごい」は、その額の借金ができるほど信用力があるということが、「すごい」ということで、

持家を持っている、という事とは少し違うように思います。

 

2020年東京オリンピックが決まったり、マイナス金利の影響で、

不動産の価格が上昇していて、昔のバブル状態を経験している今ですが、

不動産はピークアウトしつつあります。

 

でも、昔のバブル時のように、

「低金利の今買わないと金利が上がってしまう」

「物件が無いからあったらすぐに買わないと」

「オリンピック前に買えば価格が上がる」

などとにかく「買わないといけない」という風習が世の中にあふれています。

 

それってとても危険。

 

昔のバブルの時にそういった世の中にあおられ買った人達が債務超過に陥り、

長い35年ローンが重荷となり、負債となり、老後破産状態に陥っています。

この記事では、35年ローンは、非現実的な借金システムの罠だと論じています。

確かにそのような考えもあります。

ただ私は、必ずしもそうではなく、住宅ローンという低金利での借金をうまく利用し、

レバレッジをきかせて不動産を所有していくことは将来的な資産形成の有効的な手段だと思います。

 

でも、そこで問題なのが、

オーバーローン状態なのか。

アンダーローン状態なのか。

ということです。

オーバーローンは、不動産価格よりもローン額が上回っていることです。つまり、債務超過。

アンダーローンは、不動産価格よりもローン額が下回っていることです。つまり、資産超過。

 

35年という長い時間、何が起こるかわかりません。

転職や転勤、給料カットやボーナスカット、

病気やケガ、離婚や介護、住環境の問題など、様々な変化が起きます。

そんなライフスタイルの変化に応じて、家を住み替えられたリ、賃貸に出したり、

「出来る状況」を作っておくことが大切です。

そのためには、

「オーバーローン状態を作らない」

ことが重要だと思います。

数千万円の現金の余裕がある人は中々いません。

住宅ローンを組んで、家を買い、利息はかかるけれども将来的に資産になるような、

組み方をすれば、この記事にあるような借金システムの罠にはまらず、

賢く家を所有することができます。

賃貸の良さはありますが、賃料は掛け捨てで、資産になりません。

つまり、何かあった時に売却や賃貸に出すなど、住み替えをしやすくしておく。

「まさかの時に対応できる状況を作っておく」

ということです。

一度家を買ったら、一生そこに住み続けなければならない、終の棲家だ。

という考え方よりも、

ライフスタイルに応じて、住み替えできる状況にしておき、

払ってきた住宅ローン元金は貯蓄感覚で考えれば賃貸のような損はないという考え方が良いと思います。

アンダーローンで、下落率の低い家を買えば、それが可能となるわけです。

アンダーローン状態にするには、フルローンで不動産を購入しないこと、

フルローンで購入するとしても、手元に何かあった時のための余裕資金があること、

そういった状態を作って住宅ローンという借金をうまく利用すること。

ができれば、35年住宅ローン地獄に陥ることはないと思います。

世間の常識がどうだ、こうだ、だからこうしなくてはいけない。

という時代はもう終わります。

自分のライフスタイルの変化に対応できるよう、賢く家を買うこと、住宅ローンを組むこと、

そして、住み替えやすい状況を準備しておけば、何があっても、破綻状態まではなりません。

 

そんな賢い住宅ローンの組み方、物件の見極め方など、

アドバイスも行っています。

 

ご相談はお気軽にどうぞ。

12月の無料相談会の予定は明日アップします。

 

 

【11月の土日祝日無料相談会】

 
 
11月26日(日) 予約を終了しました。
 
 
 
 
 

【予約番号&メールアドレス】
0120-447-472

takahashi@shiennet.or.jp

5月3日・7月17日・9月18日・11月23日に放送終了しました↓

ラジオNIKKEI

「小島・鈴木のダイバーシティ・プラットホーム」

オンデマンド で視聴できます。

 

コーナー「高橋愛子の不動産なんでも相談室」

で不動産に関するお悩みを受け付けております。

番組ホームページより、お問合せください。

 

                 

ダイバーシティ・プラットホームTV(YouTube)

「高橋愛子の住宅ローン問題AtoZ」

 

#1

#2

人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する