競売になるとすぐに家を追い出されるの?


 

こんにちは。

シナジー・マネージメント  高橋です。

お客様からよくある質問↓

「競売になるとすぐに家を追い出されてしまうの??」

そんなことはございません!!!

競売開始決定が出てから、競売入札、開札までには

早くても4ヶ月、平均して6ヶ月、長くて1年以上。

という感じでしょうか。

裁判所の手続き次第で進むので、その物件ごとに

スケジュールが違います。

そして、ほとんどの場合、その間に任意売却で債権者さんと

合意がなされれば、競売の取り下げができます。

家から追い出されてしまうとするならば、

競売で落札されて、競売で落札した人(競落人さん)から

「退去してほしい」旨の

催促があるにも関わらず、ずっと居座り、占有を続けた時は

裁判所の「引渡命令」も基づいて退去させられてしまいます。

この引渡命令は、競落人さんが裁判所に申し立てるもの。

基本的に、競売の落札後の旧所有者との退去の交渉までは、

裁判所は関与しないので、任意で当事者同士がやるものなのです。

しかし、当事者同士でどうしてもうまくいかない時は、

裁判所の力を借りて、正当に強制退去してもらう。

引渡命令が占有者に送達になり、執行抗告(引渡命令に対する不服申立て)

がなければ1週間で確定し、「債務名義」となり「強制執行」することができるのです。

要するに、強制的に室内の荷物が裁判所の執行官により

出されてしまい、追い出されてしまいます。

※しかし、強制執行になるケースって実は少ないのです。

なぜか?

競落人さんは、裁判所にこういった手続きをすると、

お金も時間もかかります。

それであれば、旧所有者さんと任意で話合いをして退去交渉をした方が

スムーズなのです。

そして、交渉によっては引っ越し費用等がもらえるケースもあるようですし、
(基本的にはもらえませんが・・)

そのまま賃貸で住み続ける、買い戻しさせてもらうこともできたりします。
(まれなケースですが・・)

弊社では、どうしても競売になってしまい、他人に落札されてしまった

時の、競落人さんとの退去交渉のアドバイスや同行もさせていただいております。

みなさん、強制的に追い出されてしまう。(´д`lll)

と不安で不安でたまらない。

という方が多いのですが、

競落人さんのほとんどは、恐い人などいません。

普通に円満に退去交渉に応じてくださる方がほとんどです。

ですから、逃げずに、居座らずに、投げやりにならず、

ご相談ください。

結局、最終的には強制執行により退去されてしまうのであれば、

早めに円満に解決したほうが結果的には良いのです。

退去先の賃貸物件もお探しします。

できれば、そうなる前に、任意売却することが望ましいですが、

間に合わない場合、競売後の場合でも

ご相談は全て無料ですから、ご安心くださいね。

大丈夫!


人気のWebコンテンツはこちらです

電話で相談するメールで相談する

PC表示SP表示