【住宅ローン】滞納したらすぐ競売?


こんにちは。( ̄▽+ ̄*)

シナジー・マネージメント  高橋です。

さて、お客様からのご相談でよくあることなのですが、

住宅ローンを滞納するとすぐに競売にかけられ、

家を追い出されてしまう。

と思われている方が多いのです。

その恐怖のため、借金をしてでも、住宅ローンを返済しなくては!

と思ってしまうのです。

競売になったら死ぬしかない。

と本気で思われている方もいらっしゃいます。

住宅ローンが払えなくなったからといって即刻競売になり、

追い出されてしまう!ということはありません。

滞納しただけでは、競売になりません。

ある一定の滞納期間があり、催告をしたうえでどうしても難しいようで

あれば競売の申立てをされるというのが一般的です。

ですから、滞納した段階、滞納してしまいそうな段階でご相談いただくと

競売にならずに済むことも多々あります。

でも、競売の差押が来てしまったからでも遅くありません。

競売の通知から退去をしなくてはならないまで、

数ヶ月から1年位の時間はあります。

その間に任意売却することも可能です。

競売開始決定通知が届いてからの流れ を書きますね。

①競売開始決定通知が裁判所から届く

↓約1週間から2週間前後

②不動産の現状調査について通知が届く

↓と同時位に

③配当要求の公告が裁判所でされる
(ここから不動産業者さんからダイレクトメールが届いたり
直接訪問されたりする)

↓約2~3ヶ月

④入札期間の通知

↓約1ヵ月半~2ヵ月

⑤入札の開始

↓2週間

⑥開札
(ここで一番高く入札した人に所有権の権利が得られる)

↓約1週間

⑦売却決定

↓約1ヵ月

⑧所有権移転

↓退去交渉が始まる。

引越しせざるを得なくなる

という流れが一般的です。

ですから、競売開始決定通知が来てから約半年くらいは

開札までに時間があることが多く(※裁判所の手続きによって異なるが)

すぐに出ていかなくてはならない!ということではないのです。

その間に任意売却をして競売を取り下げたり、

競売で落札されるまではそのまま住み続ける。ということも

可能になります。

競売

という言葉は知らない人にとっては、

恐怖

だと思います。

ですが、知っていれば

恐怖

では、ありません。

大丈夫です。少しでも早いご相談がベターですが、

遅くても何とか出来ることもあります。

知らない、わからないということだけで、あきらめてはいけません。

投げやりになってはいけません。

どうせだめならダメ元で!

というくらいの開き直りも大切です。

まずは、ご相談をしてみてください。


人気のWebコンテンツはこちらです

電話で相談するメールで相談する

PC表示SP表示