人生初の富士登山②


こんにちは。(・∀・)

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

昨日の続きです。

御来光までの数時間、山小屋で仮眠することになりましたが、

人生初の山小屋、、衝撃的でした。

寝るスペースが狭く、隣の人と密着した状態。。

「ここで寝るの?」

という感じでしたが、

山登りが趣味で山小屋を何度も経験しているT社長いわく、、

「ここは全然マシ!他はとてもじゃないけど寝れないよ!」

と言われました。

他の山小屋は、もっと狭くて汚いらしいのです。

でもそんなことは気にしていられない程、疲労していたので、

速攻で就寝。。4時半に起床しました。

ここからが、悪夢・・

起床した瞬間、

体調が悪い(´Д`;)

どうしよう・・・と思っていたら、貧血状態になり、動けなくなりました。

でも御来光の時間まであと数十分。

皆に先に外に行ってもらい、一人寝転がり、呼吸を整えました。

「ここまで来て御来光が見れないなんて・・」

と具合も悪いし、絶望感でいっぱいで涙がでました。

でも、絶対にここで見れないなんて、有り得ない!!

という最後の精神力を振り絞り、何とか外に出た瞬間、

雲が多いですが、何とも幻想的な世界が広がっていました↓

t02200164_0640047813046150828

t02200164_0640047813046150570

t02200164_0640047813046172204

t02200164_0640047813046150367

でも、深夜に降った雨の影響か、雲が多く、綺麗に太陽が見れないね~

と話していた矢先、どんどん景色が変わり、

ついに太陽が↓↓
t02200164_0640047813046150858

t02200161_0800058713046151024

感動ー(>▽<)

t02200164_0640047813046150366

写真の数十倍は綺麗です!!

果てしなく続く山道、寒さ、砂埃、強風。

途方も暮れるほどの道のりをあきらめずに進んできた者にしか

味わえない景色がそこにはありました。

体調が最悪だったけど、何とかこの景色を見れて本当に良かった。

人生、まだまだ知らない事だらけだと痛感し、

どんなに辛くても、悲しくても、苦しくても、

人に裏切られても、後ろ指刺されても、

諦めずに前を向いて一歩一歩進んでいくことが大切なのだ。

失敗したらまた下がって進めばいい。

ということを日本一の山、富士山から身をもって学ばせていただきました。

御来光後・・・

また、貧血で倒れてしまった私。

T社長いわく、

「完全に高山病だな。下れば治るから!」

と全く心配してもらえず・・・

でも、下山ルートはとてもなだらかで、3時間位で下山。

そして、体調はすっかり元気に回復していました。

下山途中、富士山を見上げ、

「ああ、こんなに高いところを私は登ったんだ!」

と信じられない想いと同時に自分をほめてあげたい

気持ちでいっぱいになりました。

いつかは登りたいなぁ~

と漠然と思っていた富士山。

そんな思いが急に現実となり、達成した今、

その経験が登る前の私より少しだけ強くしてくれたように思います。

この経験を仕事の糧にします!

なんだか、全ての人に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ありがとうございました。


人気のWebコンテンツはこちらです

電話で相談するメールで相談する

PC表示SP表示