【人生100年時代】終の棲家はなくなる!?


こんばんは。

住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

自宅の近くの銀杏並木↓ 

毎年、こんなにキレイだったっけ?と思うほど、

今年は都内の紅葉がとても綺麗に感じます。

私に街中の紅葉を見る余裕が出来たからでしょうか。

街はすっかり冬、クリスマスになってきましたね★

 

さて、終の棲家のつもりで購入したマイホーム。

30代や40代で35年ローンを組み、働き盛りの時に返済をして、

老後は住宅ローンが無い自宅で過ごす。という計画を立てる人は多いと思います。

賃貸物件は、賃料は掛け捨てなので、資産にはなりませんが、

持家だと、住宅ローンを完済してしまえば、資産になり、老後の住宅費がかからないというメリットがあります。

(ただし、維持管理費用や固定資産税などの経費がかかりますが)

 

でも、人生は100年時代に突入しています。

これからは、終の棲家という概念も少し変わってくるように感じます。

先日、ある60代のご夫婦がご相談に来ました。

「40代の景気の良い時に頭金を入れて買った自宅。

年金だけでは、住宅ローンの返済が重く、生活するだけで精一杯です。

とても気に入っていますが、高齢になり、もっと便利な場所に引越したいのです。」

という事でした。

 

私の老後破産の本を読んで、考え方を少し変えてみたそうです。

「終の棲家と思っていましたが、長い人生、このまま無理をして住宅ローンを払って

この家で良いのだろうか、、と思ってしまいました。」

ずっと悩んでいたというご夫婦。

子供も独立してご夫婦2人の生活で、家も広すぎるとのこと。

住宅ローンも払えないことは無いのですが、生活にゆとりはありませんでした。

「任意売却」

という方法があるということを知り、勇気を出して相談に来て下さいましたが、

任意売却の必要は全くありませんでした。

若く働き盛りの時に頭金を入れて買ったご自宅。

買った時の価格よりは、下がってしまいますが、住宅ローン残高よりも大幅に高く売れました。

そして、都内の便利な賃貸マンションにお引越しされ、売却で得たお金は、

老後の生活資金としては、安心できる貯蓄となりました。

「今はまだ働くこともできるので、都内でパートでも探してみます。

そして、将来は現金で安く家を買って、田舎暮らしも良いかなって思います。」

と笑顔でお話してくれたお客様。

田舎の家でしたら十分に買える現金を残すことができました。

 

住宅ローンは、組み方を間違わなければ、

若い働き盛りの時に、返済したローンの元金(利息を除く)は、将来の資産となります。

◎固定資産のまま住居として、住むのも良し。

◎流動資産として売却して、お金に変えるのも良し。

ということです。

 

人生100年時代。

65歳で定年で年金暮らしではなく、そこから第2、第3の人生が始まるわけです。

そこで、ライフスタイルの応じて住居を変える。

そんな海外のような、住宅スタイルが一般化する時代が来ると思います。

 

もちろん、今回のご相談者さんのように、資産超過の方ばかりではありません。

債務超過、つまり住宅ローン残高が物件価値を上回っている方も多くいます。

それだから、売るに売れず、住宅ローンも払えず、競売か自己破産か、

老後破産でお先真っ暗。

と言うわけではありません。

任意売却で債務を返済して、残った債務は法的整理や私的整理をして、

住み替えることは可能です。

答えは一つではなく、選択肢はあるということです。

家や借金に縛られるよりも、豊かな老後の人生を過ごしてほしいと思います。

豊かな老後とは、必ずしもお金があることではないと思います。

そんな老後の住宅ローン問題の相談をお受けしています。

ご相談はお気軽にお問合せください。

 

【12月の土日祝日無料相談会】

12月16日(土)  10:00~

          12:00~

          14:00~

          16:00~

          18:00~

12月17日(日) 予約を終了しました。

12月24日(日)  10:00~

          12:00~

          14:00~

          16:00~

          18:00~

※年末は29日まで相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください。
 
 

【予約番号&メールアドレス】
0120-447-472

takahashi@shiennet.or.jp

5月3日・7月17日・9月18日・11月23日に放送終了しました↓

ラジオNIKKEI

「小島・鈴木のダイバーシティ・プラットホーム」

オンデマンド で視聴できます。

 

コーナー「高橋愛子の不動産なんでも相談室」

で不動産に関するお悩みを受け付けております。

番組ホームページより、お問合せください。

 

                 

ダイバーシティ・プラットホームTV(YouTube)

「高橋愛子の住宅ローン問題AtoZ」

 

#1

#2

人気のWebコンテンツはこちらです

電話で相談するメールで相談する

PC表示SP表示