生き方


こんばんは。(  ゚ ▽ ゚ 😉

シナジー・マネージメント  高橋です。

常に本を持ち歩いている私。

「いつ本なんて読んでるの!?」

と聞かれますが、

関東全域、時には地方まで飛び回っている私にとって

移動時間は読書タイムでもあります。

そして、今日こちらを読み終わりました↓

生き方―人間として一番大切なこと/サンマーク出版

¥1,785
Amazon.co.jp

稲盛和夫さんの 「生き方」

有名な本ですね。

2004年に初版が発行され、累計100万部を突破しているという

大ベストセラー☆

いまさらですが・・・稲盛さんの本を初めて読みました。

なぜだか、すごーく読み終わるのが遅かった本です。

読み始めると睡魔が襲ってきて、寝てしまう。。

相性が悪いのか?と思いましたが、単に疲労だということがわかりました。

最近、色々あり、疲労困憊な私であります。マッサージに行ったら

すぐに回復し、一気に読破しました!!

そして、眠いながらも強烈に印象に残った文章↓

哲学に準じて生きるということは、

おのれを律し、縛っていくということであり、

むしろ苦しみを伴うことが多い。

ときには「損をすることもある苦難の道を行くことでもある。

二つの道があって、どちらを選ぼうか迷った時に、

おのれの利益を離れ、たとえそれが困難に満ち溢れた

イバラの道であろうとも「本来あるべき」道のほうを選ぶ。

そうゆう愚直で、不要領な生き方をあえて選択することでもある。

ただ長い目で見れば、確固たる哲学に基づいて起こした行動は

けっして損にはならないものです。

一時的には損に見えても、やがて必ず「利」となって戻ってくるし

大きく道を誤ることもありません。

と。

この文章が胸に突き刺さり、選択肢に悩んだ時に、

ラクな方を選択する自分がダメなのではないか??

と完全に洗脳されている自分がいます。

そんな時、尊敬する経営者にこの文章を紹介したところ、

「自分も何かに悩んだ時、必ず苦しい道を選択するよ」

と言われました。

イバラの道をあえて選ぶ。

自分の利を優先せず、苦しくても「本来あるべき道」を選択する。

「本来あるべき道」・・・

考えさせられました。。

そして、稲盛さんが考える人生は三つの期に分けられていて

80年を寿命として

第一期の20年は、この世に生まれ、ひとり立ちして人生を歩き始めるまでの期間。

第二期の20歳から60歳までの40年は、社会に出、自己研鑽に努めながら
  世のため人のために働く期間。

第三期の60歳から80歳までの20年は、死への準備に充てる期間。

だという。

長い人生、私なんて第二期を始めたばかり。

あせることはなく、自己研鑽に努めていこう!!

と勇気づけられた本でした。とってもおススメです。


人気のWebコンテンツはこちらです

電話で相談するメールで相談する

PC表示SP表示