「大島てる」セミナー


おはようございます(^O^)

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

今日も一日はりきってまいりましょう~

さて、先日

日本不動産再生評価支援協会

のセミナーに講師として参加させていただきました。

今回は、事故物件専門サイト「大島てる」

を運営する株式会社大島てる 代表の大島学さんと

事故物件について語ろう。

というメインイベントがありますが、その前座でお話させていただきました。

会場は超満員

t02200220_0260026012991151511

50名を超える参加者さんたちは、

不動産業の方はもちろん、大家さんも多数いました。

やはり、大家さんたちも「大島てる」の存在が気になっているようで

まず、どういった人が運営していて、どのような趣旨でやっているのか?

ということが知りたかったようです。

t02200092_0800033512991151512

私は、せっかく「大島てる」とのコラボなので、

事故物件の任意売却についてお話させていただきました。

30分という短い時間だったので、超特急でお話したら、

10分の時間が余ってしまい、失敗しました・・

もっと詳しくお話すれば良かったなぁ。と反省。

(講演後はいつも反省の嵐ですが・・汗)

t02200164_0640047812991159310

大島学さんは、ディスカッション形式でのセミナーでした。

質問が飛ぶ飛ぶ。

時間が足りないほどでした。

一般の方の投稿から成り立っているというサイトは、

事件、事故などで死亡して事故物件となった物件の

所在、物件名、号室まで鮮明に載っています。

最近では、調査物件「大島てる」に載っているか調べる

不動産業者さんも多くいて、私も必ずチェックをするようにしています。

ただ、物件所有者さんにとったら、載せてほしくない。

価値が下がる、借り手がつかない。などの問題も出てきます。

正しい情報開示が必ずしも良い事ではないように思います。

私が一番気になっていたことは、

なぜ「大島てる」を運営しているのか。

ということでした。

公正な情報開示をしたいということで、営利目的でやっていないという

ことでしたので、じゃあ、なんで?なんのために?

という疑問があるのです。

中途半端な思いであれば、あまり賛同はできませんが、

大島さんはしっかり自分の信念のもと、サイト運営をしているんだな。

ということはわかりましたが、もう少しちゃんと聞けばよかったと思いました。

というのも、セミナー中は質問ができなかったので、

懇親会で聞こうと思いましたが、あまりにお腹が空いていて

のども乾いていただので、飲んで食べて、酔っ払ってしまったからです。。

最近、メディアに引っ張りだこの大島さん。

「大島てる」というサイトを広げていこうと活動しているようです。

事故物件は一概に語りきれないことが多くあります。

大島さんが教えてくれた↓本を読んで勉強してみようと思います。

不動産取引における 心理的瑕疵の裁判例と評価/プログレス

51gLOpOVwYL._SL160_
    ¥2,160
    Amazon.co.jp

懇親会にて、

t02200220_0260026012991159309

受付をされていた青山カレンちゃんと↑


人気のWebコンテンツはこちらです

電話で相談するメールで相談する

PC表示SP表示