【不動産融資、最高の7兆円】に懸念


おはようございます。

住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

最近、試験勉強をしているのですが、

夜は疲れてできないので、朝早起きをしてするようにしています。

今日も出勤前にカフェで勉強。。。

ついつい、パンケーキを食べてしまいました。

 

さて、注目ニュース↓

不動産融資、最高の7兆円=マイナス金利で日銀は過熱警戒

【記事抜粋】↓

日銀は16日、銀行や信用金庫の不動産業向けの新規融資額が、2016年度上半期(4~9月)に前年同期比14.7%増の7兆706億円に達したと公表した。

新規融資額は、都市銀行や地方銀行など139行と265信用金庫の合算。銀行は16.8%増の5兆8943億円、信用金庫は5.4%増の1兆1763億円だった。

東京五輪・パラリンピックに向けた首都圏の再開発や、不動産投資ファンドに対する融資が伸びたほか、節税目的で賃貸住宅を建設する個人への貸し出しも増加した。

企業の設備投資が勢いを欠く中で、地価上昇などを背景に資金需要が伸びている不動産業界は、金融機関の数少ない有望な貸出先になっている。

ただ、 「積極的な融資が不動産への過剰投資を後押ししている」 (民間信用調査会社)として、バブル発生を招かないか懸念する声も出ている。

 

新規融資額が7兆円に達しバブル時を含めて、過去最高の融資額とのこと。

マイナス金利や地価上昇で、プチバブルが発生しています。

記事にあるように、過剰投資が目につく今、

この時に融資を受けて購入した不動産が将来不良債権化していくのではないか、

と私は懸念しています。

バブル時の住宅ローンや不動産投資の破綻者が今債務超過状態で、

売るに売れない。。という現状があります。

今は低金利だから、マイナス金利だから、、と購買欲を掻き立てられ、

安易に購入してしまう。という方が多いように思います。

今は良いかもしれませんが、10年後、20年後、、どうなっているか?

をしっかり見据えて投資をするべきです。

十数年後に

「2016年マイナス金利破綻者」

と言われないよう、

今を慎重に、賢い不動産投資をおすすめしたいです。

 

 

【新刊】

7月28日に発売しました。

離婚とお金 どうなる? 住宅ローン!/プレジデント社

¥1,296
Amazon.co.jp

住宅ローン問題支援ネット 無料相談ダイアル

0120-447-472

takahashi@synergy-m.co.jp


人気のWebコンテンツはこちらです

電話で相談するメールで相談する

PC表示SP表示