六中観


おはようございます。

住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

 

先日、お客様の会社にお伺いすると、目に飛び込んできた本↓

yasuoka

 

安岡正篤

一日一言

安岡正篤一日一言 安岡正篤一日一言

1,234円
Amazon

最近、この方の本を夜寝る前にじっくり少しずつ読むことが日課の私。

ある方にすすめられたからです。

なので、 「あ!この本、見ても良いですか?」

とつい手に取ってしまいましたが、なんとその社長さんは、

安岡正篤の孫弟子にあたるらしく、この本も沢山あったので、

一冊いただいてしまいました。

そこから毎日鞄に入れて持ち歩いています。

365日、言葉が書かれています。

ふと、私の誕生日の1月30日のページを見ると、

1-30

 

六中観

という言葉が書かれていました。

忙中閑有り

忙中に摑んだものこそ本物の閑である。

苦中楽有り

苦中に摑んだ楽こそ本当の楽である。

死中活有り

身を棄ててこそ浮ぶ瀬もあれ。

壺中天有り

どんな境涯でも自分だけの内面世界は作れる。

どんな壺中の天を持つか。

意中人有り

心中に尊敬する人、相ゆるす人物を持つ。

腹中書有り

身心を養い、経綸に役立つ学問をする。

 

そして、安岡正篤の言葉が続き、

私は平正ひそかに此の観をなして、如何なる場合も決して絶望したり、

仕事に負けたり、屈託したり、精神的空虚にならないように心がけている。

とありました。

一つ一つの言葉が、胸にずっしり深くしみこんでくる感じで、

なぜか、電車の中で読んで涙が出そうになりました。

大切に大切に一文字一文字かみしめながら、読めるこの本。

よくある一日一言より、深くてとてもおすすめです。

いつの時も私を助けてくれるのはこういった言葉たちです。

言葉で人が助かり、勇気をもらい、生きる希望になる。

私もそんな風に人に言葉で元気になってもらえるようになりたいと思っています。

六中観を心がけ、仕事に励んでまいります。

今週は月末月初で慌ただしい週となると思います。

張り切ってまいりましょう!

 

 

【新刊】

7月28日に発売しました。

離婚とお金 どうなる? 住宅ローン!/プレジデント社

¥1,296
Amazon.co.jp

住宅ローン問題支援ネット 無料相談ダイアル

0120-447-472

takahashi@synergy-m.co.jp


人気のWebコンテンツはこちらです

電話で相談するメールで相談する

PC表示SP表示