リバースモーゲージ


高齢者専門の不動産担保ローンです。
55歳以上の方(金融機関によって異なる)が対象で、不動産を担保にお金を借りて、返済は借りた金額の利息払いのみで、元金は物件の所有者が亡くなった時に物件を売却して返済するか、 相続人が一括返済をするというものです。

融資可能額や条件、返済方法等は金融機関のよって異なります。

不動産は固定資産なので、通常は、売却しないとお金になりません。
でも売却すると住めなくなってしまう、、ということで「住みながらにして固定資産をお金に換える」ことができるため、高齢者の方にとても人気の商品です。

ただし、リバースモーゲージには3大リスクと言われるリスクがあります。

一番のリスクは、2.不動産価格変動リスクで、担保評価が低いということです。

建物や区分所有マンションには評価が低く、主に土地に対しての評価です。
土地が時価1,000万だとすると、借りれる金額は500万位といったイメージです。

住宅ローンが払えない!という場合で年齢的に借り換えは厳しいが、「住宅ローンの残債が少ない」場合は、リバースモーゲージに借り換えて、 返済を金利分だけにして終身住み続けるということが可能となります。
「もうすぐ住宅ローンを完済できるけど、あと数年の毎月の返済が厳しい」、「死ぬまでは住み続けたい」という場合は適していると言えます。

リバースモーゲージは物件を取り上げられてしまう、というイメージがありますが、そうではありません。
リバースモーゲージは担保評価が低い分、亡くなった場合に相続人が物件を売却をして返済すれば、余剰分を相続人が得られるというメリットがあります。

また住宅金融支援機構のリバース60というリバースモーゲージも人気です。

リバース60

※住宅ローンをリバースモーゲージに借り換える場合、団体信用保険は解約することになります。 借り換え後、亡くなった場合、元金の返済義務が生じます。


電話で相談するメールで相談する

PC表示SP表示