【住居確保給付金】住宅ローンは対象外です。


こんにちは。

住宅ローン問題支援ネッ の高橋愛子です。

今日から、大型連休!?とそんな認識はなかったのですが、、

長い人は今日から5月6日までゴールデンウィークなんでしょうね。

4月29日~5月6日までと思っていました。とにかく緊急事態宣言中は不要不急の外出は厳禁。

私は、ゴールデンウィークも関係なく仕事していますが、(テレワークメイン)

ゴールデンウィークは無料電話相談会をメインにしていきたいと思います。

また相談の予定は、またブログでアップします。

 

さて、先日のブログで「住居確保給付金」についてご紹介していますが、

(リンク⇊)

4/30~【住居確保給付金】支給対象拡大、手続き簡略化

4/20~【住居確保給付金】の支給対象が拡大します。

家賃が払えないとき【住居確保給付金】の活用

沢山のお問合せを頂いております。

詳細は各地域の自立支援機関の連絡先をご紹介し、直接お問い合わせをお願いしていますが、

一番多いご質問が、

「住居確保給付金は、住宅ローンでも、もらえるのでしょうか?」

というものです。

住居確保給付金は、賃貸物件にお住いの方の家賃に対する給付金です。

そのため、持家の方の住宅ローンの返済は対象外です。

(※弊社住宅ローン問題支援ネットのサイトでご紹介したので、住宅ローンも対象かと思われた方も多くいらっしゃると思います。

わかりにくく、勘違いしてしまった方、申し訳ありません。)

持家 = 資産

です。

持家という資産を形成するために、住宅ローンという借金をして分割払いをしているので、

その資産形成のために、国のお金は出せないという考え方です。(個人的見解ですが)

住居確保給付金は、失業やそれに相応する収入減で生活がままならない方への

賃貸物件(住居)の確保の支援ですので、持家(住居)という資産がある人は対象外になります。

でも、

・住宅ローンの返済ができない

・生活費もままならない

・オーバーローンだから売っても借金が残り資産ではない

など、持家ではあるけど生活が苦しい方というのは本当に沢山います。

現状、住宅ローンの返済に対して明確な支援策は出ていませんが、

相談が急増している現在、コロナ対策で住宅ローン返済の具体的な支援策が出てくるのではないかと思います。

ただ今は、住宅ローンを借りている金融機関に状況を説明し、返済猶予等の相談をするしかない状況です。

コロナの影響で金融機関は返済相談窓口を開設していますので、柔軟に対応をしてくれるはずです。

下記ブログを参考にしてください。

(リンク⇊)

「住宅ローン支払い柔軟に」金融界、コロナ影響に配慮

【コロナ対策】住宅ローンが払えない、ブラックリストに載るの?

【コロナ対策】住宅ローンが払えない場合

 

金融機関に相談して、返済猶予してもらっても難しい、

そんなどころではない、、

 

といったご相談もとても多いです。

そういった場合の解決策は明日のブログで書きたいと思います。

 

【4月の土日祝日〈電話〉無料相談会】

4月26日(日)

10:00~

13:00~

15:00~

17:00~

4月29日(祝)

10:00~

13:00~

15:00~

17:00~

【お問合せ・ご予約】

TEL:0120-447-472

お問合せフォーム:

http://www.shiennet.or.jp/contact/

【新刊】


人気のWebコンテンツはこちらです

電話で相談するメールで相談する

PC表示SP表示