【コロナ対策】休業者に賃金の8割 直接給付へ


こんにちは。

住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

相談者様より、お菓子の贈り物が届きました。

前日にお電話でお話したのですが、翌日に送ってくださったようです。

コロナの影響でお仕事が大変な状況の中、こういったお心遣いをいただき、恐縮です。。

いただいたMary’sのミルフィーユ、とても美味しかったです!有難うございます。

 

さて、今朝の日経新聞↓

休業者に賃金の8割給付 厚労省方針、支援迅速に

休業者に対する雇用調整助成金は企業の負担が金銭的にも手続き的にも大きく、

中々進んでおらず、休業を余儀なくされた従業員さんは生活に困窮している現状があります。

記事では、

厚生労働省は13日、休業者に月額賃金の8割程度を直接給付する方針を固めた。
上限額は月33万円程度で調整する。
雇用調整助成金を申請していない中小企業の従業員を対象とする。
企業が申請する手続きの煩雑な雇用調整助成金を通してよりも、休業者を迅速に支援できるようにする。
とのことで、従業員側が直接申請し、直接給付されるようになるとのことです。
そして、申請から支給まで1ヶ月~2ヶ月ほどかかる雇用調整助成金ですが、
新制度では、申請から1週間程度で支給される可能性があるといいます。

1ヶ月支給が遅れるだけで、住宅ローンはもちろん、生活ができない、、
という方は沢山います。
とにかく、本当に「迅速に」対応してもらえる制度になることを願います。
今日は朝から零細企業の経営者さんと金融機関に相談に行きました。
金融機関の担当者さんもこちらの日経新聞の記事のコピーを取ってくださり、
「とにかく今は利用できる制度は使ってください!!」
と力強く仰っていました。
でも、経営者さんからすると、情報が溢れているようで、よくわからない、という方も多いのが現状。
特に高齢の経営者さんだとネットに疎く、情報が入ってこないということもあります。
本当は利用できるのに、「自分は利用できない」と思い込んでいる人もいます。
とにかく、今は利用できる制度は利用しまくり、コロナ禍を生き抜くことが大切だと思います。
情報を行き届けさせて、一人でも多くの人に伝えるにはどうしたらよいのか、、
と考えましたが、「発信すること」だと思います。
自分の専門性の範囲はもちろん、専門外のことは横のつながりで他の専門家と連携しながらです。
ネットはもちろん、紙媒体でもセミナーでも。どこでどう「知る」か「見る」か分かりません。
ちょっとしたきっかけで、助かる人もいるかもしれません。それならそのちょっとしたきっかけを作りたいです。
できる限り、色々な人たちと協力しながら、当NPOでも個人的にも活動していきたいと思っています。
【5月の土日祝日〈電話〉無料相談会】

5月16日(土)
予約を終了しました。
5月17日(日)
10:00~
13:00~
15:00~
17:00~
5月23日(土)
10:00~
13:00~
15:00~
17:00~
5月24日(日)
予約を終了しました。
5月30日(土)
10:00~
13:00~
15:00~
17:00~
5月31日(日)
10:00~
13:00~
15:00~
17:00~
【お問合せ・ご予約】
TEL:0120-447-472
お問合せフォーム:

【新刊】


人気のWebコンテンツはこちらです

電話で相談するメールで相談する

PC表示SP表示