実家の住宅ローン問題


こんにちは。

住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

業務効率を上げるため、軽くて小さいノートパソコンに買い替えました。

すごく便利です。いつでもどこでもブログも更新~ といきたいところです。

ホームページの写真も変更しました↑

ずいぶん前の写真で、もはや別人化していたので・・・。

ホームページのコンテンツも少しずつですが、変更していきたいと思っています。

 

さて、高齢化に伴い、住宅ローン問題も高齢化しつつあります。

↑老後破産で住む家がなくなる!あなたは大丈夫?

という本を出したのが約3年前。

この問題が年数を増すごとに問題が増えているという現状です。

なぜか?

それは、定年後にも住宅ローンが残っていて、返済が出来なくなる状況が、

年々多くなるからです。

定年後すぐは、給与は下がるが、職場に残れたり、

アルバイトなどの仕事もあったり、退職金などの貯蓄もあったりで、

何とか支払いが継続できた住宅ローン。

でも、年数を増すごとに、

☑仕事が無くなってしまった

☑ボーナス払いが払えなくなってしまった

☑貯金が底をつき始めた

という状況になってしまうのです。

定年になり、収入が無くなっても、毎月の返済やボーナス払いは、

条件変更の手続きをしない限り、継続します。

そこで、銀行に条件変更を申し出ても、

・年齢の問題

・収入の問題

・物件が債務超過

などで断られてしまいます。

でも、「住み続けたい」という一心で、払い続けて、

気が付いた時には、生活費すらままならない状況に陥ってしまう、というケースもあります。

もう、仕方がないから、売るか?

となっても、物件の価値よりも住宅ローンがオーバーしていて、「売るに売れない」という現状。

「こんなに数十年払ってきて、売っても借金が残るのか・・」

と驚かれ、落胆される人も多いです。

そこで、もう実家を出て家庭を持った娘さんや息子さんが心配し、

「実家の住宅ローン問題について相談したい」

とお問合せをいただくことが多くなってきました。

でも、やはり、

「子供にだけは迷惑をかけたくない」

と中々、前に進まないこともあります。

ですが、私の方で、その思いを最大限、組み込んで、

希望に沿えるようなアドバイスをしています。

まずは、

・今のローンの借換えや条件変更ができないか?

・売らずに済む方法はないのか?

・住み続ける方法はないのか?

を検討し、

どうしても難しければ、

・任意売却

・セール&リースバック

・親族間売買

などもご提案しています。

実家の事で相談したい。

親の事で相談したい。

など、お子様からのご相談もお受けしています。

ご相談はお気軽にお問合せ下さい。

 

【7月の土日祝日無料相談会】

7月8日(日)  

10:00~

13:00~
15:00~
17:00~

7月14日(土)  

10:00~

13:00~
15:00~
17:00~
       

7月16日(祝)  

10:00~

13:00~
15:00~
17:00~

7月21日(土)  

10:00~

13:00~
15:00~
17:00~

7月28日(土)  

10:00~

13:00~
15:00~
17:00~
ご予約やご質問などお気軽にお問合せください。

【予約番号&メールアドレス】
0120-447-472

takahashi@shiennet.or.jp


人気のWebコンテンツはこちらです

電話で相談するメールで相談する

PC表示SP表示