【住宅ローン世帯】負債超過額20年で4割増


住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

本日の日経夕刊トップ↓

住宅ローン世帯膨らむリスク 負債超過額、20年で4割増

住宅ローン返済世帯が抱える負債が貯蓄を上回る「負債超過」の額が過去20年で44%増えたというニュース。

負債超過が膨らんだ背景には不動産価格の上昇と低金利による借入のハードルが下がったことだと記事には書かれています。

確かに不動産価格は上昇しており、住宅ローン金利は過去最低水準なので、自己資金を入れずにフルローンで住宅ローンを組む人が多くなっているのが数字が大きくなっている要因だと考えられます。

さらに消費税増税の影響で住宅ローン控除の期間も10年から13年に延長するなど住宅ローンを組むことを助長しているということもあります。

夫婦共働きで夫婦合算でローンを組む際、低金利だから変動金利で借りるケースも増えています。

変動リスクで金利が上昇した場合、返済額の増加を一定以下に抑える仕組みがありますが、

その分元金返済が遅れ、定年退職後の生活費を圧迫する懸念があると記事では書かれています。

この記事の見出しだけ見ると老後の不安を煽る内容に見えますが、

貯蓄よりも住宅ローン負債が多いからと言って老後に影響が出るとは言い切れません。

賢く借りて、賢く返していければ、現時点で負債超過であっても問題は無いと思います。

ただ、問題はあまり深く計画せずに、ただ

・低金利だからフルローン

・住宅ローン控除が出るから住宅ローンを組む

・夫婦合算で借りれるだけ借りる

等の場合、あとから住宅ローンが負債になってしまう可能性が高いです。

私が数年前から懸念している

「住宅ローン低金利破綻」

(低金利だからと無理に住宅ローンを組んだ人の支払いが困難になる)

が数年後に増えると思っています。

不動産が高騰している今、賢く物件を購入してほしいと思います。

そんな夕刊のトップに熱海の土石流被害の死者が3名になったというニュースが。胸が痛いです。

被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

熱海は物件の売却や購入のお手伝いで何度も行っている場所です。

東京から近く、行きやすい温泉地でとても大好きな街。

被害にあった伊豆山地区も仕事で行ったことがあり、被害状況を見てとてもショックです。

なぜこのような土砂災害があったのか、不動産の仕事をするものとしても身につまされる思いです。

本当にこれ以上被害が大きくならないこと、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

【7月の土日祝日無料相談会】
7月10日(土)
予約を終了しました。

7月17日(土)
10:00~
13:00~
15:00~
17:00~

7月18日(日)
10:00~
13:00~
15:00~
17:00~

7月24日(土)
10:00~
13:00~
15:00~
17:00~

7月25日(日)
10:00~
13:00~
15:00~
17:00~

7月31日(土)
10:00~
13:00~
15:00~
17:00~

※新型コロナウィルス感染予防のため、面談時は、マスク着用をお願い致します。
クリアパーテーション、消毒液、マスク常備しております。
電話、メール相談もご予約可能です。

【お問合せ・ご予約】
TEL:0120-447-472
お問合せフォーム:
http://www.shiennet.or.jp/contact/

 


人気のWebコンテンツはこちらです

電話で相談するメールで相談する

PC表示SP表示